第73回(令和4年度秋季)学術講演会

(一社)日本リモートセンシング学会
第73回(令和4年度秋季)学術講演会開催の
お知らせ

(一社)日本リモートセンシング学会では、第73回(令和4年度秋季)学術講演会をハイブリッド形式にて、以下のように開催いたします。
詳細につきましては、随時本ページに反映してまいります。
お問い合わせ先: rssj_confアットrssj.or.jp
(送付の際、「アット」を「@」にしてください)


1.会期

2022年11月29日(火)~11月30日(水)

 

2.会場

会場:三重県総合文化センター
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
交通アクセス:津駅(JR・近鉄)西口前ロータリ沿いのバス停から「総合文化センター行き・夢が丘団地行き」に乗車、「総合文化センター前・総合文化センター」下車すぐ

3. 発表形式

  • 口頭発表は、会場またはオンラインでZoomを用いて行います。会場ではOHP・スライドは使用できません。
  • 会場での口頭発表者は、当日の発表前にファイルをご提出頂き、会場に用意されているパソコンを使用して発表してください。
  • 口頭発表の発表時間は、質疑応答を含め一件15分(発表12分、質疑3分)です。
  • ポスター発表は、oViceを用いた完全オンラインで行います。そのため、会場でのポスターの展示はございません。
  • ポスター形式は、大判サイズまたは複数スライドのどちらでも構いませんが、複数スライドを作成する場合は、15枚程度に収まるように作成してください。
  • ポスターのサイズや縦横比等の制限はありませんが、閲覧時にはパソコン画面に表示されることを考慮して作成してください。
  • 実利用セッションのポスターは2日間の掲示が可能です。
  • その他のセッションのポスターは1日の掲示となります。
  • 当該コアタイム中は、ポスター前での発表および討議をお願いいたします。なお、現地で参加されている発表者も、コアタイムはoVice上での発表・討議となります。
  • ポスターファイルは、事前(1週間程度前まで)にご提出頂く予定です。予めご了承ください。
  • 現在、ポスターファイル提出用ウェブページを準備中です。ポスター発表者には、準備ができ次第ご案内いたします。

4. 参加申し込み

  • 今回の学術講演会はハイブリッド形式で行いますので、事前の参加申し込みが必要です。
  • 発表予定者は、参加申し込み・参加費支払い後に発表申し込みを行ってください。
  • 参加費は正会員5000円、学生会員2000円、非会員7000円です。
  • 発表を申し込みされる方は、「5.発表申し込み」の期日までに参加申し込みと参加費の支払いを行ってください。参加のみの方は、11月25日までに行ってください。
  • 横幹連合会員学会、韓国KSRSおよび台湾CSPRSの会員は、正会員または学生会員の参加費と同額となります。
  • 以下のリンクから参加申し込み・支払い手続きを行ってください。
    講演会参加申し込み・支払い手続き(近畿日本ツーリスト)

 

5. 発表申し込み

  • 講演申し込み、講演論文原稿とも、締め切りは10月14日(金)です。
  • 下記のリンクからまず「講演会発表受付」を行ってください。その後、発表登録時に発行されるIDと登録したメールアドレスをもって、「講演会原稿提出」から原稿を提出してください。
  • 講演発表は会員に限ります。まだ入会されていない場合は、入会案内をご覧になりオンライン入会申し込みをお済ませのうえ、発表をお申し込みください。ただし、招待講演発表者、特別セッションの講演発表者、韓国KSRSおよび台湾CSPRSの会員は非会員でもかまいません。
  • 口頭発表については、現地参加者を優先するため、オンライン参加者のご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  講演会発表受付最初に行ってください)

  受付済み登録情報の修正(受付時のIDが必要です)

  講演論文原稿提出(受付時のIDが必要です)

  • 一旦提出した原稿を更新したい場合は、「講演論文原稿提出」のページから修正済みの原稿を提出してください。一番新しく提出された原稿が論文集に掲載されます。締切日(10/14)以降の原稿の更新はできません。
  • 受付登録時および原稿提出時には、『do_not_reply@rssj.or.jp』から、登録完了や原稿受付の案内のメールが送られます。ご使用のメール環境によっては、迷惑メール扱いされてしまう可能性がありますので、事前にこのアドレスからのメールを受信できる設定にしておいてください。

【講演論文原稿の作成方法】

  • 講演論文原稿は、ワード、一太郎、PDFのいずれかのファイル形式で作成し、Webによる講演申し込みの際に提出して下さい。
  • 原稿のレイアウトは下記PDFを参照ください。また、ワード形式の雛形は下記よりダウンロード可能です。

論文集原稿レイアウトのダウンロードはこちら
論文集原稿:ワード形式の雛形のダウンロードはこちら

  • ワード、一太郎以外のワードプロセッサーを使用の方はPDFファイル形式で講演論文原稿を保存してください。PDFファイルは、フォント埋め込み型で作成して下さい。
  • Mac版のMicrosoft wordご利用の場合は、印刷時に図表のずれが発生する可能性がありますので、PDFファイルに変換して提出して下さい。
  • 講演論文原稿は、下記の規則のファイル名として保存して下さい。ファイル名は必ず英字として下さい。(漢字、全角文字は使用しないで下さい。)

<ワードファイル形式の場合> FamilyNameFirstName.doc(x) (例:ShinjukuTaro.doc(x))
<一太郎ファイル形式の場合> FamilyNameFirstName.jtd (例:ShinjukuTaro.jtd)
<PDFファイル形式の場合>FamilyNameFirstName.pdf (例:ShinjukuTaro.pdf)
<複数申し込みの場合>FamilyNameFirstName-n.xxx (n=1, 2, ・・・, xxx=doc, jtd, pdf)
(例:2つの講演の申し込み、ワードファイル形式の場合:
FamilyNameFirstName-1.doc, FamilyNameFirstName-2.doc)

  • 論文原稿は2ページまたは4ページです。

6. 特別セッション

  • 特別セッションの開催を希望される場合は、10月7日(金)までに下記の要領に従い申し込みをお願いいたします。なお、プログラム編成上、全てのご要望にお応えできない場合もありますのでご了承ください。
  • 発表形式は、会場でのZoomを用いたハイブリッド形式になります。

特別セッション開催手続き