第66回(2019年度春季)学術講演会

第66回(2019年度春季)学術講演会

(一社)日本リモートセンシング学会では、第66回(2019年度春季)学術講演会を以下のように開催いたします。詳細につきましては、随時、学会ホームページに反映してまいります。


1.会期

2019年6月4日(火)〜5日(水)

 

2.会場

東京電機大学 鳩山キャンパス本館
アクセス
キャンパスマップ

 

3. 参加費

・正会員5000円、学生会員2000円、非会員7000円。(ただし、特別セッションの講演者、横幹連合会員学会、韓国KSRSおよび台湾CSPRSの会員は正会員または学生会員の参加費と同額とする。) いずれも論文集CD-ROMを含む。
・講演会論文集CD-ROMのみ5400円。
・聴講のみの学部生・大学院生の参加は無料です(論文集CD-ROM、アブストラクト集は含みません)。
・懇親会費は含まれていません。6/4(火)の懇親会に参加される場合は、講演会参加費とは別に懇親会費として5000円(学生2000円)を徴収させていただきます(懇親会費は講演会参加登録の際に受付にて、または懇親会開始時に懇親会会場入り口にてお支払いください)。

 

4. 発表申し込み受付

 講演会発表の受付を開始しました。下記のリンクからまず「講演会発表受付」を行ってください。その後、登録受付時に発行されるIDと登録したメールアドレスをもって、「講演論文原稿提出」から原稿を提出してください。発表受付も原稿提出も締め切りは同じ4/5(金)です。

 講演発表は会員に限ります。まだ入会なされていない場合は、こちらよりオンライン入会申し込みをお済ませのうえ、発表をお申し込みください。ただし、招待講演発表者、特別セッションの講演発表者、韓国KSRSおよび台湾CSPRSの会員は非会員でもかまいません。
なお、春季学術講演会の発表申し込みで新年度からの入会を希望される方は、3月20日(3月理事会の開催日翌日)以降で発表申し込み〆切日までにオンライン入会申し込みを行ってください。

    講演会発表受付(最初に行ってください)

    受付済み登録情報の修正(受付時のIDが必要です)

    講演論文原稿提出(受付時のIDが必要です)

・一旦提出した原稿を更新したい場合は、「講演論文原稿提出」のページから修正済みの原稿を提出してください。一番新しく提出された原稿が論文集に掲載されます。締切日(4/5)以降の原稿の更新はできません。
・受付登録時および原稿提出時には、『do_not_reply@rssj.or.jp』から、登録完了や原稿受付の案内のメールが送られます。ご使用のメール環境によっては、迷惑メール扱いされてしまう可能性がありますので、事前にこのアドレスからのメールを受信できる設定にしておいてください。
・講演申し込み,講演論文原稿とも,締切日は以下のとおりです.

平成31年4月5日(金)

 

5. 講演論文原稿の作成方法

・講演論文原稿は、ワード、一太郎、PDFのいずれかのファイル形式で作成し、Webによる講演申し込みの際に提出して下さい。
・原稿のレイアウトは下記PDFを参照ください。また、ワード形式の雛形は下記よりダウンロード可能です。

    論文集原稿レイアウトはこちら
    論文集原稿:ワード形式の雛形はこちら

・ワード、一太郎以外のワードプロセッサーを使用の方はPDFファイル形式で講演論文原稿を保存してください。PDFファイルは、フォント埋め込み型で作成して下さい。
・Mac版のMicrosoft wordご利用の場合は、印刷時に図表のずれが発生する可能性がありますので、PDFファイルに変換して提出して下さい。
・講演論文原稿は、下記の規則のファイル名として保存して下さい。ファイル名は必ず英字として下さい。(漢字、全角文字は使用しないで下さい。)
<ワードファイル形式の場合> FamilyNameFirstName.doc(x) (例:ShinjukuTaro.doc(x))
<一太郎ファイル形式の場合> FamilyNameFirstName.jtd (例:ShinjukuTaro.jtd)
<PDFファイル形式の場合>FamilyNameFirstName.pdf (例:ShinjukuTaro.pdf)
<複数申し込みの場合>FamilyNameFirstName-n.xxx (n=1, 2, ・・・, xxx=doc, jtd, pdf)
(例:2つの講演の申し込み、ワードファイル形式の場合:
FamilyNameFirstName-1.doc, FamilyNameFirstName-2.doc)
・論文原稿は2ページまたは4ページです。4ページ原稿も無料となりました。
・刷り上りはA4判カラーで論文集CD-ROMに掲載されます。

 

6. 口頭発表について

・口頭発表での使用機器は、原則としてPCプロジェクタのみです。OHP ・スライドは使用できません。
・口頭発表の方は各自でパーソナルコンピュータを持参し、会場にて投影チェックをお願いします。
・口頭発表の講演時間は、質疑応答を含め一件15分です。8分で第1鈴(予鈴)、10分(第2鈴)で発表を終了してください。

 

7. ポスター発表について

・ポスターボードはB0サイズまで掲示できるものを用意する予定です。
・実利用セッションのポスターは2日間の掲示が可能です。
・その他のセッションのポスターは1日の掲示となります。
・該当コアタイム中は、ポスターの前での発表および討議をお願い致します。

 

8. 宿泊施設

鳩山キャンパス周辺の宿泊施設は,川越プリンスホテル、川越東武ホテル、川越第一ホテル、坂戸ホテル、シティイン鶴ヶ島、東松山の紫雲閣など、多数ございます。近年は川越に外国観光客が押し寄せており、観光化が進んでいますので,早めの予約がお薦めです。

 

9. その他

1) 会期中、技術展示を予定しています。出展ご希望の方は事務局までご連絡ください。
2) 初日の講演会終了後に懇親会を予定しています。
3) 学術講演会や技術展示に関する問い合わせは、conf@rssj.or.jpまでお願いします。