サンプル 学会概要

学会概要 日本リモートセンシング学会とは

p2リモートセンシングとは離れた場所から、主に人工衛星により電磁波を利用して対象物を観測する技術です。この技術は1970年代に広がりました。リモートセンシングは、地球環境、地域環境の解明など科学のために用いられると同時に、漁業、気象、農業、林業、防災、資源探査、地図作成などの実用にも用いられます。最近ではGoogle Earthなど一般の人も簡単に人工衛星からのリモートセンシング画像を見ることができるようになりました。

日本リモートセンシング学会は1981年に設立され、1992年に社団法人となりました。会員数は約1200名です。リモートセンシングの学術発展を目的として、年2回の学術講演会開催、年5回の学会誌発行、7つの研究会による研究推進を行っています。国際的には、韓国リモートセンシング学会、中華民国航空測量及遥感探測学会(台湾写真測量リモートセンシング学会)と協定を結び学術交流をしております。
日本リモートセンシング学会は日本におけるリモートセンシングを発展させるため、会員一同学術活動を続けております。

p4 学会員の活動分野は環境監視、気象、海洋、生態、地理、測量、地質、資源探査、農林業、水産、土木、建築、情報、 計測、機械、宇宙開発、行政などの幅広い分野に亘り、既存の学問領域を越えた闊達な議論が進められています。

また会員による、いくつかの研究会活動、一般向けのパソコン講習会などを通してリモートセンシングの普及と啓蒙に努めております。

入会は随時受け付けております。入会ご希望の方は事務局までご連絡ください。またインターネットでも受け付けております。


  1. 学会の使命
  2. リモートセンシングとは・リモートセンシングの基礎

注)本内容は学会創立20周年記念事業に際して作成されたパンフレットの一部を転載したもので、学会としてリモートセンシングの定義や分野を規定するものではありません。

  1. 学会の歴史と組織

一般社団法人 日本リモートセンシング学会事務局(学会支援機構内)
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
TEL 03-5981-9337
FAX 03-5981-6012
学会問い合わせ用メールアドレス info@rssj.or.jp